KATEKYO山梨

0120-00-1111

  • 0120-00-1111
  • 0120-77-5555

[受付時間] 月曜〜金曜 14:30~20:00

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

4技能が鍛えられる!英語筋トレ vol.4

2021年02月13日

こんにちは。
今回はリスニング、英語「聞く」ことについてです。リスニング苦手な人は多いですね。
日々の生活の中で英語耳にする時間はほとんどないのですから無理もありません。学習時間でも多くは「読む」こと中心になっています。では、どうやってリスニング力身につけていけばよいのか…そのための1つの学習方法お話します。

[ディクテーション方法1]

これは、音声聞きなら聞き取ることの出来た英語どんどん書いていくものです。一字一句完璧に拾う必要はありません。何回か繰り返していくと、聞き取れる単語、全く分からない部分明らかになります。

[ディクテーション方法2]

スクリプト(音声の英文)しっかり読んで理解してください。意味の分からない英語何度聞いても力にはなりません。それから聞き取れなかった単語やフレーズ確認し、自分でも音読し、暗記するくらい繰り返しましょう。

[ディクテーション方法3]

もう一度、スクリプト見なら音声聞き直します。次にスクリプト見ないで聞きます。最初に聞き取れなかった単語やフレーズ、どんな状況でのやりとりや説明なのかイメージしなら何度も聞いてください。
余裕あれば、シャドーイングと言って、音声追いかけて自分でも英語話してみてください。

[まとめ]

ディクテーションはとても時間のかかる作業です。聞く音声のレベルによっては、全く聞き取れないこともあるかもしれません。しかし、確実にリスニング力身につけることできます。
多くの英文読み多くの英文耳にすること(多読多聴)で、英語聞き取る力だけでなく「推測する力」も養われます。そうすると、実際には聞き取れていなかったとしても、推測する力によって会話の流れ止めずに理解していくことできます。
言葉の表現は無数にあるように思われます日常会話やその資格試験に使われる表現はある程度決まっています。聴き慣れた音声増えていくと同時に、リスニング力の向上実感できるはずです。
自身の成長楽しみに、この地道な努力に励んでください!!
(山梨市駅前校 M.O先生)
前回の記事はこちら