KATEKYO山梨

0120-00-1111

  • 0120-00-1111
  • 0120-77-5555

[受付時間] 月曜〜金曜 14:30~20:00

新着情報

新着・更新情報などをご案内します

4技能が鍛えられる!英語筋トレ | Vol.3

2020年09月12日

こんにちは!
皆さん、英語の学習を進めていく中で、音読をしていますか? 言語の習得において最も大切なことは実際に話すことです。今回はその英語を「話す」ことについてお話します。

 

『英会話』と一般的に言われるコミュニケーションツールを身につけるには、やはり海外での生活や実際に英語を母国語とする人たちとのやりとりが最適です。それでも、学校での英語学習を通して、英語を話せるようになるために出来ることがあります!

それは、英文の意味をきちんと理解した後に正しく音読をすることです。出来ればネイティブスピーカーの発音を聞いて、同じように話すことです。

そして、その英語表現をどのような時に発するのかをイメージして覚え、自然と口から出てくるようになるまでその表現を繰り返すことです。

 

では、英文で練習してみましょう!

あなたはお友達と待ち合わせをしています。しかし急な用事が入り待ち合わせに遅れてしまうことに…待ち合わせ場所に着いて真っ先に「遅れてごめんね。」と言うはずです。英語も同様に考えることなく

I’m sorry I’m late.

と言えることが英会話であり、英語が話せるということに繋がっていきます。
「待たせてごめんね。」という感じであれば、

I’m sorry to have kept you waiting.

となります。

 

何かのイベントを楽しみだなぁと感じたら考えることなく

I’m looking forward to it!
I can’t wait!

 

相手に誤解されてしまったと感じた時、「そんなつもりじゃなかったの」と言いますよね。英語では

I didn’t mean it.
I didn’t mean to hurt your feelings.

 

このように、目の前で学んでいる英語を生きた言葉として使えるようになることが英語を「話す」ということです。長文を読んでいる時にも、私も同じ意見だ!と思ったら,その表現を暗記し、自分の意見としてスピーチしてみましょう。

 

英語の難易度に関係なく、常にその表現を使うシチュエーションを想像し、まとまりのある英語を声に出して練習してください!
その表現を日々コツコツと身体に蓄えた先に、その場に合った自然な英語を話せるあなたがいるはずです☆
Let’s enjoy speaking English!

(山梨市駅前校 M.O先生)

 

同シリーズのバックナンバーはこちら

 

 

4技能が鍛えられる!英語筋トレ | Vol.1

4技能が鍛えられる!英語筋トレ | Vol.2