新着情報

新着・更新情報などをご案内します

数学検定1級二次試験合格から学んだこと

2022年05月28日

念願の数学検定1級二次試験にやっと合格しました。

1級とは大学卒業程度の内容です。

線形代数、微分積分学、統計学、微分方程式、複素数関数など様々です。

私の合格体験から受験生にとって有益なことをお伝えいたします。

 

同じ問題集を5回は反復する

数研を受けるために、上述した科目の問題集をそれぞれ購入して反復します。

問題集の種類が少ないために、同じ問題集を5周以上繰り返しました。そのおかげで解法の習得ができました。大学受験用にはたくさんの問題集がありますが、相性の良いものを見つけて、それをご5回程度は反復することをお勧めします。

そうすれば解法の習得という目標を達成することができると思います。

 

計算ミスを無くして確実にゴールを

せっかく解法が閃いても、計算間違いをしたのでは台無しです。

今までの努力が水の泡となります。そこで対策をしました。

1回1回、式変形をする毎に数字や符号を間違えていないか確認して、レ点をつけました。思い込みによる間違いを正すにはこの方法が1番だと思います。レ点の箇所は信頼度100%ですので見直しもすごく楽でした。普段は計算ミスがなくても、緊張や疲労が原因で、思い込みや間違いが出てくるものです。今まで積み重ねてきた努力をそれに邪魔されたくはありません。ぜひレ点作戦で確実にゴールをしてください。

私は1級の連続合格を目指して毎回受け続けます。反復習得と計算ミスの駆逐を両輪として成し遂げたいと思います。受験生の皆さんも志望校合格に向けて頑張ってください。

 

韮崎駅前校 S.A

 

夏期体験講習 受付中