新着情報

新着・更新情報などをご案内します

素早く解きましょう 化学編

2021年11月20日

受験生必見!!

 

化学の中で何をどうしたら良いかわからない箇所の1つが、沸点上昇と凝固点降下です。

意味を理解してから答えを出すことが1番良いですが、大事な入試の最中に腕組みをして考えている時間などありません。

そこで、少々荒っぽいですが答えがすぐに出る方法をお教えいたします。

 

単位を使って素早くとくこと!!

 

例題1

2.4グラムの尿素(分子量60)を水100gに溶かした水溶液の凝固点を計算せよ。

水のモル凝固点降下を1.85kg・k/molとする。凝固点降下はほぼ与えられますのでこれに目をつけます。

k(温度)kg(溶媒)mol(溶質)を探すだけです。

kは求める温度

kg=100g=0.1kg

mol=2.4÷60=0.04mol

k・kg/molをkだけにすれば良いのです。

ここが大事です

k・kg/mol÷kg×mol=kだけになります。

 

例題2

エチレングリコール(分子量62)は何gあれば水2キログラムの凝固点を− 3.7℃にできるか

k=3.7

mol=2kg

mol=x/62molとします。

k・kg/mol÷kg×mol=kですので

1.85÷2×x/62=3.7

x=248(g)となります

単位を見て必要なものを取り出すこのやり方はおススメです。是非解いてみて下さい。

 

(韮崎駅前校 S.A先生)

無料体験指導

無料教育相談