新着情報

新着・更新情報などをご案内します

前置詞の持つイメージchap.2

2021年10月09日

こんにちは。

今回は英語の前置詞《 at 》の持つイメージについて一緒に勉強していきましょう。

 

【atの持つイメージ】

 

at の核となるイメージは、時間や場所などにおける「点(ポイント)」です。意味のまとまりで5つに分けて解説していきます。

 

1.空間における比較的狭い場所や、広がりを持たない地点だと話し手が感じる場合に用います。

〈例文〉

  • He was standing at the door.

彼はドアのところに立っていた。→ドア地点のイメージ

 

2.時刻や瞬間に用います。

〈例文〉

  • I get up at 6 every morning.

私は毎朝6時に起きます。

  • He’s busy at the moment.

彼は現時点で忙しい。→今この時点のイメージ

 

3.視覚的に向けられた対象物や目標とされる事柄に用います。

〈例文〉

  • Look at those birds flying in the sky.

空を飛んでいるあの鳥を見てごらん。

  • Take steady aim at the target.

しっかりと的に狙いを定めなさい。→的がポイントのイメージ

 

4.行動や感情の原因となる点に用います。

〈例文〉

  • I laughed at his joke.

私は彼のジョークに笑った。

  • Don’t be mad at me.

  私を怒らないで。→怒りの地点が自分に向いているイメージ

 

5.価格、比率、レベル、年齢、スピードに用います。

〈例文〉

  • They are sold at 1,000 yen each.

ひとつ千円で売られている。

  • My father stopped working at the age of 60.

  私の父は60歳で退職した。

 

【まとめ】

 

いかがでしたか?前置詞《 at 》の持つ共通したイメージを感じていただけたでしょうか?

3.の補足になりますが。atは視覚の観点から、『見る』と言う意味を持つさまざまな単語と結びつきます。

glance at(~をちらりと見る)

gaze at(~をぼうっと見る)

stare at(~をじろじろ見る)

peep at(~を覗いてみる)

 

まとめると覚えやすいですよね(^^)

 

That’s all for today.

Enjoy learning English!!

 

(山梨駅前校 M.O.先生)