新着情報

新着・更新情報などをご案内します

偏差値ってそもそも何?

2021年08月28日

皆さんが日頃目にする偏差値とは実際どのようなものでしょうか。

[良くも悪くも受験生の必需品]

今から50年前受験生の学力判定のツールとして偏差値が導入されました。

偏差値とは自分の得点と平均点との差をもとに、テストを受けた人の中で自分がどれくらいの位置にいるかを数値化したもので、ほとんどの場合は偏差値25〜75の範囲内で示されます。平均点の人が50となります。

 

[偏差値と順位の関係は?]

以下が偏差値とその人の1000人中のおよその順位です。

 

偏差値  順位
80      1.3位
75      6.2位
70         22.8位
65         66.8位
60        158.7位
55       308.5位
50       500.0位
45        691.5位
40        841.3位
35        933.2位
30         977.2位

 

偏差値はテストの種類や難易度に関係なく受験者の中の自分の位置を知る便利な数値でこれに変わるものは今のところ他にありません
ただし、偏差値はそのテストを受ける生徒の学力や受験者数に影響を受けるので自分の受験するライバルがたくさん含まれるテストの偏差値を見るようにしましょう。

 

[偏差値の求め方]

偏差値は以下の計算で求められます。

偏差値=(個人の得点-平均点)÷標準偏差×10+50

標準偏差は高校で習いますが、

全受験生の(得点-平均点)²の平均の正の平方根なので個人では求めるのは難しいです。
学校や塾などで標準偏差を使わない偏差値の簡単な求め方もありますが、あくまでも目安としかならないので注意しましょう。
偏差値=(個人の得点-平均点)÷2+50
信憑性のある偏差値を上手に使って志望校を目指しましょう!
(甲府山手通校 A.K先生)